角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 14 第一次世界大戦とアジアの動向 一九〇〇〜一九一九年

角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 14 第一次世界大戦とアジアの動向 一九〇〇〜一九一九年

世界史教育の最先端=グローバル・ヒストリーを採用した初めての歴史まんが
監修: 羽田 正
カバーイラスト: 近藤 勝也
定価: 1,045円(税込み)
発売日:2021年02月25日
売上No.1 角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』のKADOKAWAから『世界の歴史』全20巻、一挙刊行!!
★最先端の歴史理解の方法を採用! 「グローバル・ヒストリー」による新構成
★さらに進化した「東大流」! 歴史の「横のつながり」をつかむ工夫が満載
★まんが4160ページの最大ボリューム!いちばんくわしい『世界の歴史』です
★どこよりも最新の情報を掲載!新型コロナウイルス感染症やBLMの話題まで収録

20世紀初めは、古くから続く帝国が滅びた時期でした。中国では辛亥革命が起き清に替わって中華民国が生まれます。また、ロシア革命によってロシアが滅び、社会主義のソヴィエト連邦が樹立されます。ヨーロッパにおける帝国主義諸国の対立が激化し、1914年には第一次世界大戦が始まります。4年以上続いた戦争は、イギリス、フランスなどの連合国側が勝利しますが、死者が千数百万人に上る悲惨な戦いでした。
  • ISBN コード : 9784041054314
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●羽田 正:1953年生まれ。東京大学名誉教授。専門は世界史。現在は、東京大学大学執行役・副学長を務める。従来のヨーロッパを中心とした世界史像からの脱却をめざし、国民国家やヨーロッパ対アジアという構図にとらわれない新しい世界史=「グローバル・ヒストリー」の方法による世界史理解を提唱し、各国の歴史学者との共同研究にとりくんでいる。著書に『新しい世界史へ』(岩波新書、2011年)、『輪切りで見える!パノラマ世界史』1〜5(大月書店、2016年)、『グローバル化と世界史』(東京大学出版会、2018年)など多数。
●近藤 勝也:スタジオジブリを代表する動画家のひとり。アニメーション映画「魔女の宅急便」ではキャラクターデザインを担当したほか、ジブリ作品のほとんどに参加している。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品