山の霊異記 ケルンは語らず

山の霊異記 ケルンは語らず

山岳怪談の第一人者が臨場感たっぷりにつづる山の不思議譚
定価: 1,404円(税込み)
発売日:2018年02月17日
山男を死に誘ったのは、怪異なのか、山の怒りなのか、それとも自身への過信なのか……

山でしか起こり得ない人と人の出会い、生きる者と死者の思いをつなぐもの――。恐ろしくも心ゆさぶる山の怪異。

冬の雪山で、小さな避難小屋の静寂を破るけたたましいノックの音と叫び声。だが、その意味を理解した瞬間、恐怖が襲いかかる「雪山の叫び」。雪の大汝山で下着一枚という異様な姿で発見された男性の遭難遺体。残された日記の最終ページに戦慄する「最後の日記」。数々の奇跡的な生還を遂げ、”おれは不死身なんだ”とうそぶく男が屏風岩の登攀で陥った危機――彼の本音が哀切な「不死身の男」他、山の怪異を自然の風景描写を織り交ぜながらつづる21篇を収録。現実と地続きでありながらも、異界としての山の風景と霊気を堪能できる、山岳怪談の決定版。
  • ISBN コード : 9784041057315
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●安曇 潤平:1958年、東京都生まれ。ウェブサイト「北アルプスの風」を主宰。山登りと酒と煙草を愛する。99年、くも膜下出血を発症するも奇跡的に回復する。その後、サイト内にて怪談作品を発表。2004年、『幽』第二号から連載の「山の霊異記」でデビューする。08年に怪談集『山の霊異記 赤いヤッケの男』を刊行。怪談語りにも長けており、さまざまなメディア(怪談TV番組、『R25』、『ほんとにあった怖い話』など)で山の怪談の第一人者として取り上げられるなど活動の場を広げている。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品