ドラッカーと生産性の話をしよう

ドラッカーと生産性の話をしよう

10万部突破シリーズ最新刊。ドラッカーが教える本当の「生産性」とは?
著者: 林 總
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2019年04月19日
“経営の神様”ドラッカーは「生産性」について回答を出していた。

ドラッカーは1950年代の著書にもかかわらず、『テクノロジストの条件』『プロフェッショナルの条件』などの著作の中で「知識労働者の生産性」の重要性について言及してきた。

「経営管理者が貢献すべきは、自らの組織が有する
あらゆる生産要素の生産性の確実な向上に対してである。」 (『乱気流時代の経営』ダイヤモンド社)

そのポイントは「生産性を上げるだけでは足りない」。ドラッカーはそこに「付加価値を生まなければ生産性を上げても意味がない」と言及している点だ。
しかし、ビジネスでどう実現すればよいのか?

20万部突破の『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』、10万部突破『ドラッカーと会計の話をしよう』シリーズの著者であり、管理会計のプロである著者が、
ストーリー形式で会計の視点からドラッカーの名著、名言を読み解きながら「正しい働き方」を解説する1冊。
  • ISBN コード : 9784046020505
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●林 總:公認会計士、税理士、明治大学大学院特任教授(管理会計)。
外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。
現在、経営コンサルティング、会計システムの設計・導入指導、講演活動を行っている。
ベストセラー『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』(ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話をしよう』(中経出版)ほか著書多数。

第1章 ファーストクラスに乗り合わせた面々−“事業の成功”に潜むワナ
第2章 落日の青年実業家−利益追求が会社をダメにする
第3章 ニューヨークからの再起−「生産性」に迫れば経営は変わる
第4章 朝の講義―人の生産性をマネジメントする
第5章 V字回復への誓い―経営資源の生産性を高める


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品