虚構の太陽

虚構の太陽

城山三郎賞受賞『亡国記』の著者が放つ、新たな「衝撃の未来」!
著者: 北野 慶
定価: 1,760円(税込み)
発売日:2018年06月29日
IT企業のエンジニア・トガニ・ジェイは、美しい妻とかわいい子供に囲まれ、平凡ながらも幸せな生活を送っていた。しかし、ジェイは、突如、この生活と世界がおかしいと思い始める。この世界に住む人間があまりに少ないこと。自分の生活圏が異常に狭いこと。老人たちの死は日常的にあるのに、その死を埋める新たな誕生がないこと。セックスに快楽以外の意味がないこと。そして、8年前以前の記憶がないこと……そのことを妻や子供に問いただしても、「何が不思議なの?おかしいわよ」と首をかしげるばかり。俺はおかしくなってしまったのか? 突然感じ始めた世界への違和感の真相を探るべく、ジェイは動き始めるが……。問題作『亡国記』につづく、現代日本に問いかける衝撃の近未来リアルノベル!
  • ISBN コード : 9784041059432
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 328ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 22.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●北野 慶:北海道大学文学部哲学科卒。出版社勤務を経て、韓国語翻訳を手掛けるかたわら小説を執筆。2015年に発表した『亡国記』が第3回城山三郎賞を受賞し、話題となる。

序章 前史
第1部
第一章 記憶
第二章 逃走
第三章 業火
第四章 輪廻
第2部
第一章 日蝕
第二章 応報
第三章 宿運
第四章 怨讐
終章 桃源


ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品