RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

宗田真響、一族の運命全てを負う少女。RDG最終巻、その後のストーリー!
著者: 荻原 規子
カバーイラスト: 酒井 駒子
定価: 660円(税込み)
発売日:2019年01月24日
正月明け、学生寮に戻った宗田真響はルームメイトの鈴原泉水子の変化に気がつく。「相楽と休み中に何かあったのだ」祝福すべきなのに、なぜか喜べない真響。泉水子の相手が深行と確定されれば、泉水子を中心とする「チーム姫神」の中で、忍者の家系宗田家と陰陽師の家系高柳家とのバランスが変わってくる。そんなある日、横浜のスケートリンクで合宿が行われることになるが、これは宗田家がスポンサードとなりチーム姫神、及び真響が隠れ蓑に婿候補と報告した深行を見定めるために仕組まれたものだった。大殿である祖父が本気で彼女の婿取りに乗り出したと聞いて、うんざりする真響。そして始まった教室に現れたインストラクターは、アメリカ留学中の真響の従兄弟、克巳だった。彼は真響に結婚を申し込むが、彼女に対する執着が悪霊を呼び寄せてしまう。ファン待望、RDG新刊ついに文庫で登場!他に「影絵芝居」「九月の転校生」「相楽君は忙しい」も同時収録
  • ISBN コード : 9784041060698
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●荻原 規子:荻原規子・東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー。以来、ファンタジー作家として活躍。著作に「RDG」シリーズ(角川書店)など。2006年、『風神秘抄』(徳間書店)で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞・・JR賞、日本児童文学者協会賞を受賞。

「影絵芝居 相楽深行・中三の初夏」
「九月の転校生 相楽深行・中三の秋」
「相楽君は忙しい 相楽深行・高一の秋」
「氷の靴・ガラスの靴 宗田真響・高一の冬」
単行本版あとがき
文庫版あとがき
気になる恋模様、こんな続きが見たかった! (阿部智里)


最近チェックした商品