カント 純粋理性批判 シリーズ世界の思想

カント 純粋理性批判 シリーズ世界の思想

これでようやく読める! 『純粋理性批判』入門・解説書の決定版!
定価: 3,080円(税込み)
発売日:2020年12月18日
刊行から二百余年、今なお多くの人を惹きつけ、そして挫折させてきた『純粋理性批判』。その晦渋な文章に込められた意味を、一文一文抜粋し丁寧に解きほぐす、入門書の決定版。日本カント協会会長による渾身の一冊!
  • ISBN コード : 9784047036376
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 776ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 39.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●御子柴 善之:1961年生まれ。早稲田大学文学学術院教授。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。日本カント協会会長。著書に『自分で考える勇気――カント哲学入門』(岩波ジュニア新書)、『カント哲学の核心――『プロレゴーメナ』から読み解く』(NHKブックス)。共著に『グローバル化時代の人権のために――哲学的考察』(上智大学出版)など。
●イマヌエル・カント:1724年生まれ。ドイツの哲学者。あらゆる権威の徹底的批判を根本精神とする批判哲学を大成し、近代哲学の祖とよばれる。理性の理論的認識能力の批判によって客観的認識の可能な領域を経験の世界に限定して科学的認識の成立根拠を基礎づけると同時に、神・自由などの形而上学的対象を実践理性の要請として位置づけて、道徳的価値や美的判断の根拠をも明らかにすることにより、文化諸領域を基礎づけた。著書は「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」など。1804年没。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品