おとなりの晴明さん 第二集 〜陰陽師は初夏に縁を導く〜

おとなりの晴明さん 第二集 〜陰陽師は初夏に縁を導く〜

わたしの家のおとなりには、どうやらあの「晴明さん」が住んでいる――。
定価: 637円(税込み)
発売日:2018年05月25日
 芽吹きの春が過ぎ、あらゆる命が活気づく夏。
 お隣に住む晴明さんに現世の暮らしを教える女子高生・桃花は、かわりに陰陽道を教えてもらおうとするが、なかなかうまくいかない様子。
 そんな二人のもとには、今日も京の不思議が舞い込む。人知れず起こる逢坂の関の危機、動物の魂を導く冥官との出会い。とうふを愛するとうふ小僧の物語。七夕の神社で結ばれる、人々の思い――。
「陰陽師・安倍晴明」が悠久の古都・京都で紡ぐ、優しいあやかしファンタジー。
  • ISBN コード : 9784048938341
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 242ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●仲町 六絵:第17回電撃小説大2010年に『典医の女房』で、短編ながら第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞。受賞作を大幅加筆した『霧こそ闇の』でデビュー。既刊は『からくさ図書館来客簿』シリーズ他。
最近チェックした商品