名もなき羊たちの町 -Story of Carocheila-

名もなき羊たちの町 -Story of Carocheila-

そこは、罪を背負ったものが辿りつく町
定価: 682円(税込み)
発売日:2018年06月15日
架空の町“カロチーラ”を舞台に描かれる、罪と裏切りと再生の連作集。

Story of Carocheila 「カミキリ」
母親の死を自分のせいだと思い、罪の意識に囚われる少女・ミルラ。
行くあてもなく電車に乗ったミルラは、カロチーラで散髪屋を営むルーと出会う。
少女と青年の再生の物語。

Story of Carocheila 「Scissor」
ふたりでの生活を始めたルーとミルラ。
穏やかな毎日を送るふたりの前に、シェンナと名乗る女性が現れる。
シェンナとルーには、拭いがたい“過去”があった。
贖罪と希望の物語。

『ジゼル・アラン』の笠井スイが、個人誌として発表していた幻の作品群を単行本化。
同時発売の「マリア様のいない町 -Story of Carocheila-」には、
「Solitude」と「金雀枝(エニシダ)」の2編を収録。
全4遍からなる架空の町“カロチーラ”の物語。
  • ISBN コード : 9784047351967
  • サイズ : B6判 総ページ数: 200ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 182 × mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品