LOH症候群

LOH症候群

あなたのその不調、加齢や老化ではなくLOH症候群が原因です!
定価: 990円(税込み)
発売日:2021年11月10日
その不調、原因は老化ではなく、男性更年期障害!Late Onset Hypogonadism(LOH)症候群がもたらすLoss of Health(不健康)、そしてLoss Of Hope(失意と絶望)の恐怖――。


男性はテストステロンが急激に減ることで心身に深刻な症状が起きる。これが男性更年期障害、医学的には「LOH症候群」と呼ばれる病気である。LOHとはLate Onset Hypogonadismの頭文字を取ったもので、加齢に伴ってテストステロンの値が病的に下がるという意味。男性は必ず更年期を迎えるわけではないものの、30代以降の男性なら誰にでも起こる可能性がある――。

・あなたの知らないテストステロンの機能と役割
・こんな状況のときはLOH症候群を疑うべき
・留意すべきは「食事と健康」だけではない理由……

日本初のメンズヘルス外来を開設、一般社団法人日本メンズヘルス医学会の理事長も務める順天堂大学大学院医学研究科泌尿器科外科教授の著者が鳴らす警鐘!

【目次】
はじめに――あなたの知らない「LOH症候群」
第1章 テストステロンござ外に出かけて獲物を取ってくるホルモン
第2章 LOH症候群の症状と診断
第3章 健康診断からLOH症候群を疑う
第4章 LOH症候群にならないために
第5章 LOH症候群の最新治療
第6章 HPテスティングで前向きな健康維持を
第7章 再び”ヒーロー”になるために

「この本はみなさんがあまり知らないであろう、テストステロンというホルモンと、そのホルモンが減るLOH症候群について解説します。(略)日本人の成人男性でも数百万人の患者がいるというLOH症候群。あなたもすでに罹っているかもしれません」(「はじめに」より引用)
  • ISBN コード : 9784040822501
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●堀江 重郎:順天堂大学大学院医学研究科泌尿器科外科教授。泌尿器科医。医学博士。1960年生まれ。85年東京大学医学部卒業。日米で医師免許を取得し、泌尿器がんの根治手術と男性医学を専門とする。順天堂大学医学部附属順天堂医院でロボット支援手術ダ・ヴィンチに積極的に取り組む傍ら、学際的なアプローチを男性の健康医学に導入、日本初のメンズヘルス外来を開設。著書に『ホルモン力が人生を変える』(小学館101新書)、『ヤル気が出る!最強の男性医療』(文春新書)、『うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい』(東洋経済新報社)がある。

はじめに――あなたの知らない「LOH症候群」
第1章 テストステロン――外に出かけて獲物を取ってくるホルモン
第2章 LOH症候群の症状と診断
第3章 健康診断からLOH症候群を疑う
第4章 LOH症候群にならないために
第5章 LOH症候群の最新治療
第6章 HPテスティングで前向きな健康維持を
第7章 再び”ヒーロー”になるために


販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品