なぜ日本だけが成長できないのか

なぜ日本だけが成長できないのか

このままでは、日本は経済後進国に陥る!
定価: 924円(税込み)
発売日:2018年12月08日
日本の経済力は3分の1以下に縮小。原因は「人口減少」や「高齢化」なのか? いや違う。グローバル資本とその片棒をかつぐ構造改革派が「対米全面服従」を推し進めた結果、日本は転落。格差社会を生み出したのだ。
  • ISBN コード : 9784040822617
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 232ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 10.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●森永 卓郎:1957年7月12日生まれ。東京都出身。経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。東京大学経済学部卒業。日本専売公社、経済企画庁、UFJ総合研究所などを経て現職。主な著書に『雇用破壊』(角川新書)、『年収崩壊』『年収防衛』『「価値組」社会』『庶民は知らないデフレの真実』『庶民は知らないアベノリスクの真実』(いずれも角川SSC新書)。『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)では、“年収300万円時代”の到来をいち早く予測した。執筆のほか、テレビやラジオ、雑誌、講演などでも活躍中。

プロローグ GDPシェア3分の1のショック
第1章 日本経済集団リンチ事件 
第2章 最強だった日本型金融システムを破壊する
第3章 小泉政権と不良債権処理
第4章 彗星のように現れたハードドランディング論者
第5章 ハゲタカの狙いは金融機関へ
第6章 実りの秋を迎えたハゲタカファンド 
第7章 安倍政権下でも続く格差拡大と対米全面服従
第8章 これからどうすればよいのか
エピローグ 対米全面服従の始まり


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品