黒いピラミッド

黒いピラミッド

呪われたアンクが死を呼び込む……。ホラー×冒険 エンターテインメント!
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2018年10月31日
第25回日本ホラー小説大賞 大賞受賞作!!
そ の ピ ラ ミ ッ ド を 目 に し た 者 に は 、死 が ――
ホラー×冒険 エンターテインメント!

聖東大学のエジプト研究室で起きた殺人事件。それは、若手講師・二宮智生が犬のマスクを被り研究室に乱入、教授を鉄パイプで撲殺したのち屋上から投身自殺するという陰惨なものだった。
「黒いピラミッドが見える……あのアンクは呪われているんだ……」
二宮の最後の言葉を耳にした同期の日下美羽は、「呪われたアンク」に導かれるようにエジプトの地へ降り立つ。
持ち主が変わるたび、連鎖するように引き起こされた事件は本当にアンクのせいなのか? アンクが発掘された呪われた遺跡とは? 辿り着いた終着の地で、美羽が目にしたのは――。
文句なしの受賞! ホラー大賞最後の受賞作!

【選評より】
綾辻行人……ビジュアルイメージは迫力満点で、次々に起こる惨劇もめっぽう恐ろしい=楽しい。後段は壮大な冒険小説の趣に転ずるが、専門的な知識・情報を随所に織り込みつつも過剰にはならず、全編をスピーディに読ませてしまう。

貴志祐介……最高点を付けた。読み始めるとすぐに引き込まれた。ピラミッドやミイラ、考古学関係のディテールが圧倒的で、特に後半、舞台をエジプトに移してからは一気読みだった。

宮部みゆき……初めて読むのに懐かしく感じる王道の超古代史ホラーで、黒いピラミッドのイメージの恐ろしさも含め、「そうこなくっちゃ!」と膝を打つところがいっぱいでした。
  • ISBN コード : 9784041074404
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 22.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●福士 俊哉:ふくし・としや
1959年岩手県盛岡市生まれ。多摩芸術学園映画学科卒。映画の脚本家を経て、早稲田大学古代エジプト調査隊に記録班として参加。以降、エジプト考古省の発掘現場を中心に取材を続け、古代エジプトを題材とした多くのテレビ番組、展覧会などの演出を担当する。エジプト渡航は50回以上。初めての小説で第25回日本ホラー小説大賞、大賞を受賞。
stok_

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品