夜の都

夜の都

1,870円(税込)
発売日2022年03月29日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041074442
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 400ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 20.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

あまりにも美しく苛烈な、ヒストリカル・ネオファンタジー×魔法少女物語

異国から来た少女は、眠りの世界で魔女修行をする。「夜の都」を望む異界を訪れて。
魔女の「クダン」から教わるのは、妖精の鱗粉を触媒とした、月の姫から授かりし魔術。
亡者どもを追い払う任務を、世界を守る役目を、図らずも背負わされた少女の運命は。
圧倒的な想像力が世界を創造する、あまりにも美しく苛烈な、ヒストリカル・ネオファンタジー×魔法少女物語。

===
1920年代前半(大正時代)、父と義母とともに、『ガリヴァー旅行記』に登場する東洋の島国を訪れた14歳の少女・ライラ。
7日間を保養地のホテルで過ごすことになったライラだが、古い祠として祀られていた岩井戸で、底から湧き出た星のような小さな光の粉が眼に入ってしまう。
部屋に帰り猛烈な睡魔に襲われた彼女がベッドに倒れ込むと、なぜかそのまま真っ暗闇の空間を落下し、気が付くと見知らぬ場所にいた。
月のように巨大なシャンデリア、大理石の環状列柱が支える絢爛の大広間。
夢だと思ったライラが不思議な空間をさまようと、何処かで電話機のベルが鳴っている。
応答したライラに語り掛けてきた相手は、「月の姫より直々に眠りの魔術を授かりし禍の魔女」で「クダン」と自らを呼ぶようにと言った。
クダンはここが「星の界の異界」であり、空の彼方に屹立する摩天楼群を「夜の都」だと語るのだが……。

日本ホラー小説大賞出身作家、待望の第2作。


===
装画=朱華 「眠る島」 2021

著訳者プロフィール

●山吹 静吽:1987年、京都府生まれ。龍谷大学法学部卒業。リハビリ介助を行う介護士として勤める傍ら、2017年『迷い家』(マヨイガ)で第24回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉を受賞し(受賞時筆名:霞澄晴吽)、同作単行本でデビュー。『夜の都』はデビュー第2作となる。

目次

夜の都 もくじ

古代東洋魔術の萌芽
西洋による再発見
魔道概論
各論、及び魔術過剰使用による危険性
決闘礼法
魔道再興計画要綱
最近チェックした商品