或阿呆の一生・侏儒の言葉

或阿呆の一生・侏儒の言葉

芥川が命を絶った昭和2年の作品や評論、遺書「或旧友へ送る手紙」等を収録
定価: 748円(税込み)
発売日:2018年11月22日
時代を先取りした「見えすぎる目」がもたらした悲劇。自らの末期を意識した凄絶な心象が描かれた遺稿「歯車」「或阿呆の一生」、最後の評論「西方の人」、箴言集「侏儒の言葉」ほか最晩年の作品を収録。
  • ISBN コード : 9784041075876
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 400ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●芥川 龍之介:1892年東京生まれ。母の実家・芥川家で養育され、一高を経て東京帝大英文科を卒業。在学中に「新思潮」創刊に参加、また「羅生門」を発表して注目を集め、「鼻」は夏目漱石の絶賛を受ける。多彩な題材をもとに小説の技術的洗練と形式的完成を追求したが、1927年睡眠薬自殺。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品