どうで死ぬ身の一踊り

どうで死ぬ身の一踊り

賛否両極の第一創作集
定価: 880円(税込み)
発売日:2019年03月23日
賛否両極の問題作!
デビュー15年、第一創作集、3度目の復刊!


不遇に果てた大正期の私小説家・藤澤清造。その負の存在に心の支えを見出し“歿後弟子”を目指す男の捨て身の日々。“師”に明け暮れ墓守りを行い、資料探しに奔走して全集作りに注力する情熱は、自らの人生を完全に賭した、不屈で強靱な意志と同義のものであった。同人誌発表の処女作「墓前生活」、商業誌第一作の「一夜」を併録。現在に至るも極端な好悪、明確な賞賛と顰蹙を呼び続ける問題の第一創作集、3度目の復刊。

題字・著者名字 藤澤清造 (集字)
  • ISBN コード : 9784041076477
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●西村 賢太:1967年東京都江戸川区生まれ。中卒。2007年『暗渠の宿』で野間文芸新人賞、11年『苦役列車』で芥川賞を受賞。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『芝公園六角堂跡』『夢魔去りぬ』『夜更けの川に落葉は流れて』『羅針盤は壊れても』等がある。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品