海岸文庫ちどり通信 はなれの管理人

海岸文庫ちどり通信 はなれの管理人

海のそばの団地にある「ちどり文庫」。そこでは時間がゆっくり流れます。
定価: 660円(税込み)
発売日:2019年07月24日
智治は学校の図書室で、(ちどり文庫)という学校所蔵とは違う蔵書印が押された本を見つける。学年が変わってもその本は置かれたままだった。シングルマザーの母と、海岸そばの団地に中古物件を購入し新しい生活を始めて智治は団地内で偶然、同級生の朝海と出会う。彼女はあの(ちどり文庫)本を手にしていた。インターネットで調べたらこの団地の中に「ちどり文庫」は存在するというが、管理人は不明だった。その頃智治は夜になると上の階から聞こえてくる奇妙な物音に悩まされていた。怖くなって母親に相談するが、やりくりしてやっと購入した部屋でもありあまり気にしないよう言われる。一方、自治会長の雑務を手伝うことでようやく「ちどり文庫」の管理人を教えてもらい、雨の午後朝海と二人で、団地の中の「文庫」を訪ねるが……。(「小鳥の蔵書印」)他に「猫町ガールの夢」「はなれの管理人」の三章立て。
  • ISBN コード : 9784041083024
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●河合 二湖:1977年山口県生まれ。東京都在住。
慶應義塾大学文学部卒業。公共図書館、大学図書館で勤務ののち、執筆に専念
2008年、『バターサンドの夜、人魚の町で』で、第49回講談社児童文学新人賞を受賞、同作(『バターサンドの夜』と改題)でデビュー。
その他の著書に『深海魚チルドレン』、『向かい風に髪なびかせて』(ともに講談社)、『金魚たちの放課後』(小学館)がある。

第1話 小鳥の蔵書印
第2話 猫町ガールの夢
第3話 はなれの管理人


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品