医学のたまご

医学のたまご

バチスタシリーズに連なる、医学ミステリ青春篇!
著者: 海堂 尊
イラスト: ヨシタケシンスケ
定価: 792円(税込み)
発売日:2020年04月24日
中学生のぼくが、東城大の医学生に!?
天才少年(?)カオルが、小さな勇気を胸に大学病院に潜む悪に立ち向かう!

*イラストレーター・絵本作家、ヨシタケシンスケ描き下ろしの桜宮市地図、章扉イラスト収録*

曾根崎薫、14歳。
桜宮中学に通う、ごくフツーの中学生の彼が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で医学の研究をすることに!?
冷や汗と緊張の連続の中、ある検体をPCRで分析したところ、思いもよらぬ大発見をしてしまい教授も研究室も大騒ぎ。
学級委員の美智子、ガリ勉メガネの三田村、ガキ大将のヘラ沼と「チーム曾根崎」を結成して事態を乗り切ろうとするが、大学病院と医学研究の不正に直面して……。
お調子者のカオルの決意が、あなたの胸に勇気と希望の火を灯す。
賑やかで爽やかな医学ミステリ!
  • ISBN コード : 9784041083307
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●海堂 尊:1961年千葉県生まれ。2006年、『チーム・バチスタの栄光』で第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。著書に『ジェネラル・ルージュの凱旋』『ケルベロスの肖像』『螺鈿迷宮』『輝天炎上』『モルフェウスの領域』など多数。2008年、『死因不明社会』で第3回科学ジャーナリスト賞受賞。

1章 「世界は呪文と魔方陣からできている」と、パパは言った。
2章 「扉を開けたときには、勝負がついている」と、パパは言った。
3章 「初めての場所でまず探すべきは、身を隠す場所だ」と、パパは言った。
4章 「エラーは気づいた瞬間に直すのが、最速で最良だ」と、パパは言った。
5章 「ムダにはムダの意味がある」と、パパは言った。
6章 「閉じた世界は必ず腐っていく」と、パパは言った。
7章 「名前が立派なものほど、中身は空っぽ」と、藤田教授は言った。
8章 「悪意と無能は区別がつかないし、つける必要もない」と、パパは言った。
9章 「一度できた流れは、簡単には変わらない」と、パパは言った。 
10章 「世の中で一番大変なのは、ゴールの見えない我慢だ」と、パパは言った。
11章 「心に飼っているサソリを解き放て」と、パパは言った。 
12章 「道はいつも、自分の目の前に広がっている」と、ぼくは言った。
感謝の言葉と未来への言葉(単行本版のあとがき) 
12年後の文庫版のあとがき


ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品