千夜千冊エディション 編集力

千夜千冊エディション 編集力

世界観にかかわるすべての作業のプロセスに編集がある。
定価: 1,496円(税込み)
発売日:2019年12月24日
大同小異、塵も積もれば山となる、月とすっぽん、我田引水、他人の芝はよく見える・・・これらはすべて「編集」の真骨頂を暗示する。もとより編集は本や雑誌や映像に特化されるものではない。認知の仕方、歴史観
の作り方、アートフルになること、ハイパーテキストに向かうこと、つまりは世界観にかかわるすべての作業のプロセスに編集がある。ラグビーにも料理にも音楽にもファッションにも編集があるというべきなのである。編集の醍醐味をいろんな側面から提示した松岡正剛の真骨頂。
  • ISBN コード : 9784044005078
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 464ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 21.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●松岡 正剛:編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

第一章
意味と情報は感染する
ステフ ァ ヌ・マラ ル メ『骰子一擲』九六六夜
ルードヴ ィ ッ ヒ・ヴ ィトゲ ン シ ュ タ イ ン『論理哲学論考』八三三夜
ヴ ァ ルター・ベ ンヤミ ン『パサージ ュ 論』九〇八夜
ロ ジ ェ・カイヨ ワ『斜線』八九九夜
ロラ ン・バ ル ト『テク ス トの快楽』七一四夜
ミ シ ェ ル・フー コ ー『知の考古学』五四五夜
ジ ェ ラー ル・ジ ュ ネ ット『フ ィギ ュ ー ル』一三〇二夜
ジ ョ ル ジ ョ・ア ガ ン ベ ン『スタ ンツ ェ』一三二四夜
スラヴ ォイ・ジ ジ ェ ク『幻想の感染』六五四夜
第二章類似を求めて
中村雄二郎『共通感覚論』七九二夜
寺田元一『 「編集知」の世紀』八一三夜
マ イケ ル・ポラ ン ニ ー『暗黙知の次元』一〇四二夜
エドワード・ホー ル『かくれた次元』二一三夜
佐々木正人『アフ ォ ーダ ン ス』一〇七九夜
ガブリ エ ル・タ ルド『模倣の法則』一三一八夜
川瀬武彦『まねる』二二八夜
鈴木宏昭『類似と思考』一六四二夜
第三章連想、 推理、アブダクション
山下主一郎『イメー ジ連想の文化誌』一〇八一夜
バ ー バ ラ・スタフ ォ ード『ヴ ィ ジ ュ ア ル・アナ ロ ジー』一二三五夜
ト マ ス・A・シー ビオクほか『シ ャ ー ロ ッ ク・ホー ムズ の記号論』五〇八夜
チ ャ ー ル ズ・パ ー ス『パ ー ス著作集』一一八二夜
米盛裕二『アブダク シ ョ ン』一五六六夜
ホラ ンド、ホリオーク、ニ ス ベ ット、サガード『イ ンダク シ ョ ン』九三〇夜
第四章ハイパーテキストと編集工学
ハ ン ス・ブ ルー メ ン ベ ルク『世界の読解可能性』一五一九夜
ピーター・バ ーク『知識の社会史』一四九三夜
ジ ェ イ・デ イヴ ィ ッド・ボ ルター『ライテ ィ ング・ス ペ ー ス』一七一七夜
米山優『情報学の基礎』六七一夜
バ ーナード、オキー フ、ア ン ス ワー ス『人文学と電子編集』一四七九夜
室井尚『情報宇宙論』四二二夜
キ エ ラ ン・イーガ ン『想像力を触発する教育』一五四〇夜


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品