三国志演義 3

out_of_stock

三国志演義 3

著者: 羅貫中
訳者: 立間 祥介
1,628円(税込)
発売日2019年06月14日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044005115
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 656ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 23.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

中国大河小説史上最大のベストセラー!NHK人形劇の立間訳が待望の復刊。

劉備が益州(蜀)を獲得し、ついに天下三分となる。さらに曹操にも勝利して漢中王の座につき快進撃を続けるが、密約を結んだ曹操と孫権に関羽を討たれ、張飛までも暗殺で失い悲嘆に暮れる。魏では曹操が病没すると跡を継ぐ曹丕が献帝から皇帝の位を奪い、後漢が滅亡。対抗した劉備は蜀漢の皇帝を名乗り、義兄弟の仇討ちに赴くが返り討ちにされ失意のうちに逝く。英傑たちの思いを受け継いだ次世代による戦いの幕が開ける!

著訳者プロフィール

●羅貫中:生没年不詳。中国の元末・明初の作家。『三国志演義』、『三遂平妖伝』、『残唐五代史演義』、『隋唐両朝志話』などの通俗白話小説の編者とされる。

目次

主な登場人物
三国地図

第六十一回 趙雲 江を截って阿斗を奪い
      孫権 書を遺して老瞞を退く

第六十二回 フウ関を取って 楊・高 首を授し
      ラク城を攻めて 黄・魏 功を争う

第六十三回 諸葛亮 痛んでホウ統のために哭き
      張翼徳 義をもって厳顔を釈す

第六十四回 孔明 計を定めて張任を捉え
      楊阜 兵を借りて馬超を破る

第六十五回 馬超 大いに葭萌関に戦い
      劉備 自ら益州の牧を領す

第六十六回 関雲長 刀単にて会に赴き
      伏皇后 国の為に生を捐てる

第六十七回 曹操 漢中の地を平定し
      張遼 威を逍遥津に震う

第六十八回 甘寧 百騎にて魏の営を劫い
      左慈 盃を擲げて曹操を戯る

第六十九回 周易を卜して 管輅 機を知り
      漢賊を討って 五臣 節に死す

第七十回 猛き張飛 智をもって瓦口の隘を取り
     老いし黄忠 計をもって天蕩山を奪う

第七十一回 対山を占めて 黄忠 逸をもって労を待ち
      漢水に拠りて 趙雲 寡をもって衆に勝つ

第七十二回 諸葛亮 智をもって漢中を取り
      曹阿瞞 兵を斜谷に退く

 ほか 全九十回

略年表3
最近チェックした商品