浅草鬼嫁日記 八 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。

浅草鬼嫁日記 八 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。

千年の忠誠と思慕を胸に秘め、吸血の鬼と「最強の鬼嫁」は競い合う!
著者: 友麻碧
イラスト: あやとき
定価: 704円(税込み)
発売日:2020年03月14日
 茨木真紀は、かつてあやかしの国を治めた鬼姫“茨木童子”の生まれ変わり。前世の夫“酒呑童子”だった天酒馨らとともに暮らす浅草で、毎年恒例のお祭り行事を心待ちにしていた。
 しかしその喧騒の裏で、吸血鬼による事件が見え隠れしはじめる。前世の眷属で吸血の鬼である凛音を心配する真紀だが、その凛音に真紀自身が攫われてしまった。
 浅草に帰るため、在りし日の仲間と刃を交える真紀。それはやがて、茨木童子と凛音が出会った千年前の勝負の日々を、二人に思い起こさせて――。
  • ISBN コード : 9784040732848
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●友麻碧:ゆうまみどり。福岡県出身の小説家。小説「かくりよの宿飯」シリーズが大ヒットとなり、コミカライズ(B's-LOG COMICS)刊行、TVアニメ化も行われる。ほか、代表作に「浅草鬼嫁日記」シリーズ(富士見L文庫)、「鳥居の向こうは、知らない世界でした。」シリーズ(幻冬舎文庫)などがある。
最近チェックした商品