伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち

伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち

ソ連四大劇場を造り上げたのは若き日本兵だった――。よみがえる歴史秘話。
著者: 嶌 信彦
定価: 946円(税込み)
発売日:2019年09月07日
「日本人として恥ずべき仕事はしない」
シルクロードに伝説を刻んだ若き兵士がいた!!

1945年、秋。敗戦後、ウズベキスタンに抑留された工兵たちがいた。
彼らに課されたのは「ソ連を代表する劇場を建てること」。
捕虜生活の下、457名の隊を率いてプロジェクトを完遂したリーダーは、まだ20代の将校だった。
「日本人の誇りと意地にかけて、最良のものをつくりたい」
彼らの仕事は、ソ連四大劇場の一つと称賛され、大地震にも耐えたオペラハウス「ナボイ劇場」として結実した。
堅牢な造り、美麗な内装。彼らの誇りと意地をかけた仕事は、収容所長をはじめ、現地の人々の心を動かし、語り続けられ、日本人伝説となった。
敗戦後、日本兵は一大プロジェクトと闘っていた!!

埋もれた偉業が明かされる!
■ボリショイ劇場建設という特殊任務
■収容所長アナポリスキーとの対峙
■隊員に起きた転落事故死
■手作りの芝居、演芸大会でウズベク人と触れ合う
■永田隊長の最後の仕事は名簿の暗記だった etc

※本書は2015年9月に小社より刊行した『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』を
改題の上、加筆修正し、新書化したものです。


  • ISBN コード : 9784040823225
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 264ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●嶌 信彦:(しま・のぶひこ)ジャーナリスト。1942年中国・南京市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞社に入社。ワシントン特派員などを経て、東京本社経済部を最後に87年 毎日新聞社を退社し、フリーとなる。『グローバルナビフロント』はじめ、『朝ズバッ!』『ブロードキャスター』『JNNニュース22プライムタイム』『森本毅郎・スタンバイ』等、数多くの番組で司会・解説者を務めてきた。現在は、『嶌信彦 人生百景「志の人たち』にレギュラー出演。著書多数。NPO日本ウズベキスタン協会の会長職にもある。

序章 シルクロードの”日本人伝説“
第1章 敗戦、そして捕虜
「戦争に敗けた現実」/満州で徴兵された民間人が見た赤紙/牡丹江の悲劇/満州の日本人は放置された/武装解除を命令した関東軍/ソ連の日本人捕虜六〇万人利用計画/日本を五つの占領区に分割する案があった/捕虜は労働使役に利用された etc
第2章 抑留、劇場建設へ
永田隊は帰国の望みを絶たれた/免れたシベリア送り/ウズベキスタンのタシケント、石の都へ入る/ボリショイ劇場建設という特殊任務/タシケント・第四収容所/オペラハウス建設四五七人の隊長となる/収容所長アナポリスキー/「最も重要な使命は全員が帰国することだ」etc
第3章 収容所長との交渉
食事とノルマ/ラクダの肉、骨ばかりの魚/全員に平等な食事を!/ソ連側と真剣交渉へ/「和」の精神を説く etc
第4章 誇れる仕事
増援部隊の面々/「世界に引けをとらない建築物をつくるんだ」/密かに敬愛された人物/ダモイ第一選抜を断る/転落事故死/二人の追悼式 etc
第5章 秘密情報員と疑われた永田
合唱団結成へ/麻雀、将棋、花札、碁を手作り/バイオリン作りも始まる/手作りの芝居、演芸大会/民主運動/秘密情報員と疑われた永田/盛り上がらなかった第四の民主運動 etc
第6章 収容所の恋
ウズベク人に『草津節』を教える/恋人ナージャ/「ダモイなのね」/「本当にありがとう、スパシーバ」 etc
終章  夢に見たダモイ
永田の最後の仕事は名簿の暗記だった/アナポリスキーとの再会/「もう、ダスビダーニャはないのだ」/「日本だ、日本だ」/タシケントを思う/日本人伝説 etc
あとがき
主要参考文献
写真提供


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品