黄金列車

黄金列車

戦場を駆ける黄金列車の行方は?大人達の戦いを描く佐藤亜紀の新たな傑作。
定価: 1,980円(税込み)
発売日:2019年10月31日
第10回Twitter文学賞国内編 第1位!

ハンガリー王国大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を積んだ「黄金列車」の運行にかかわることになる。
バログは財宝を狙う有象無象を相手に、文官の論理と交渉術を持って渡り合っていくが、一方で、ユダヤ人の財産である物品は彼を過去の思い出へといざなう。かつて友誼を結んだユダヤ人の友人たち、妻との出会い、輝くような青春の思い出と、徐々に迫ってくる戦争の影――。
ヨーロッパを疾駆する機関車のなか、現在と過去を行き来しながらバログはある決意を固める。

実在した「黄金列車」の詳細な資料を元に物語を飛翔させる、佐藤亜紀の新たな代表作!
  • ISBN コード : 9784041086315
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 336ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 24.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●佐藤 亜紀:1962年、新潟県生まれ。91年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。2003年『天使』で芸術選奨新人賞を、08年『ミノタウロス』で吉川英治文学新人賞を受賞。17年に発表した『スウィングしなけりゃ意味がない』は戦時下のナチスドイツを舞台に、ジャズに熱中する少年たちの目を通して戦争の狂気と滑稽、人間の本質を描き、大きな反響を呼んだ。他の著書に『鏡の影』『戦争の法』『モンティニーの狼男爵』『1809』『雲雀』『醜聞の作法』『金の仔牛』『吸血鬼』など多数がある。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品