千夜千冊エディション 観念と革命 西の世界観II

千夜千冊エディション 観念と革命 西の世界観II

二十世紀前半の西洋の「喘ぎ」と「変奏」と「唐突」を綾模様にする。
定価: 1,496円(税込み)
発売日:2019年10月24日
観念・革命、生・存在、そして不条理......。マルクスとハイネ、レーニンとトロツキー、フッサールとハイデガー、サルトルとカミュを対比的に展示。近現代の西洋の基本概念を作った哲学者たちのエスプリに迫る。
  • ISBN コード : 9784044005320
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 432ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 20.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●松岡 正剛:編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

第一章 ドイツという観念
ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスター』九七〇夜
ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ『ドイツ国民に告ぐ』三九〇夜
フリードリッヒ・ヘーゲル『精神現象学』一七〇八夜
フリードリッヒ・ヘルダーリン『ヘルダーリン全集』一二〇〇夜
カール・フォン・クラウゼヴィッツ 『戦争論』二七三夜
カール・マルクス『経済学・哲学草稿』七八九夜
ハインリッヒ・ハイネ『歌の本』二六八夜

第二章 神は死んだのか
マックス・フォン・ベーン『ビーダーマイヤー時代』六七八夜
アルトゥール・ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』一一六四夜
フリードリヒ・ニーチェ『ツァラトストラかく語りき』一〇二三夜

第三章 青年・戦火・革命
ベイジル・リデル ハート『第一次世界大戦』六四三夜
ウォルター・ラカー『ドイツ青年運動』七四九夜
トーマス・マン『魔の山』三一六夜
ダニエル・ゲラン編『神もなく主人もなく』九四一夜
ウラジーミル・レーニン『哲学ノート』一〇四夜
ロープシン『蒼ざめた馬』三二夜
レフ・トロツキー『裏切られた革命』一三〇夜
ジークフリート・クラカウアー『カリガリからヒトラーへ』一〇二七夜

第四章 危機の二十世紀哲学へ
エトムント・フッサール『間主観性の現象学』一七一二夜
アンリ・ベルクソン『時間と自由』一二一二夜
マルティン・ハイデガー『存在と時間』九一六夜
ジャン ポール・サルトル『方法の問題』八六〇夜
アルベール・カミュ『異邦人』五〇九夜
クロード・レヴィ ストロース『悲しき熱帯』三一七夜
追伸 観念・革命、生・存在、そして不条理



数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品