日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし― 増補新装版

日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし― 増補新装版

30万部超のベストセラーが、装い新たになりました!書き下ろし増補付。
文: 白井 明大
絵: 有賀 一広
定価: 1,870円(税込み)
発売日:2020年02月27日
旬の野菜や果物、魚、野鳥、草花、折々の風や雲の名前など、身も心も豊かにする七十二候の知恵と「ことば」――四季のうつろいに耳を澄ませ、旧暦とともに暮らしてみませんか? 絵と文と歌で愉しむ、暮らしの歳時記
  • ISBN コード : 9784044005382
  • サイズ : A5判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●白井 明大:詩人。1970年東京生まれ。日々の暮らしのささやかなできごとを詩にする。詩集に『心を縫う』(詩学社)、『くさまくら』(花神社)、『歌』『生きようと生きるほうへ』(ともに思潮社)、著書に『暮らしのならわし十二か月』(絵・有賀一広/飛鳥新社)、『季節を知らせる花』(絵・沙羅/山川出版社)、『七十二候の見つけかた』(飛鳥新社)、『福を招く旧暦生活のすすめ』(サンマーク出版)、『一日の言葉、一生の言葉』(草思社)などがある。
●有賀 一広:1971年、長野県伊那市生まれ。イラストレーター。多摩美術大学卒業。『イラストレーション』誌上コンペ「ザ・チョイス」大竹伸朗選最優秀賞受賞。「ザ・チョイス」1999年度大賞受賞。ポスターが「第6回世界トリエンナーレトヤマ2000」銀賞受賞。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品