宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家

宗教の現在地 資本主義、暴力、生命、国家

動乱の源に宗教あり。最強コンビが世界の肝となる宗教を全方位から分析する
著者: 池上 彰
著者: 佐藤 優
定価: 990円(税込み)
発売日:2020年04月10日
動乱の源に宗教あり。最強コンビが世界の肝となる宗教を全方位から分析する!
いま、そこに危機はある。本当に怖いものは習俗の皮を被ってやってくるのだ。

各国で起きるテロや、EUやアメリカで生じる排外主義・外国人嫌悪(ゼノフォビア)、めまぐるしく変転する中東情勢など。
世界各地で民族・宗教といった、冷戦後には“古い”とされた問題が噴出し続けている。
私たちの現実社会に影響を与えている「宗教思想」といかに向き合うかは、避けては通れない時代になったのだ。
習俗の皮を被ってやってくるものにこそ、目を凝らさなくてはいけない。原理主義が現代日本で広まることは十二分に考えられる情勢だ。
世界に大きな影響を与え続ける宗教を、資本主義、暴力、生命、国家から語りつくす!

私たちがいま、どこにいるかを知るのが教養である。
宗教の現在地を抑え、いまどこに私たちは立っているかをつかむ濃厚対談!

※本書は『宗教と資本主義・国家』『宗教と暴力』『宗教と生命』(いずれもKADOKAWA)各巻の「第一部」に、新章と書きおろし原稿を加え、再構成したものです。

【目次】

まえがき(池上彰)

序 論
 いま宗教とは(池上彰)/人間の思考と魂の根底に迫る(佐藤優)
第一章 宗教は資本主義を超えられるか
第二章 宗教は人を殺す思想とどう対峙するか
第三章 宗教はAI社会で誰の心を救うのか
第四章 宗教は国家を超克するのか

あとがき(佐藤優)
  • ISBN コード : 9784040823454
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 12.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●池上 彰:1950年生まれ。ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授。愛知学院大学、立教大学、信州大学、日本大学などでも講義を担当。慶應義塾大学卒業後、73年にNHK入局。94年から11年間、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年に独立。角川新書「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズ、『池上彰とホセ・ムヒカが語り合った ほんとうの豊かさって何ですか?』、角川文庫『池上彰の「経済学」講義1・2』(いずれもKADOKAWA)など著書多数。
●佐藤 優:作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

まえがき(池上彰)

序 論
いま宗教とは(池上彰)/人間の思考と魂の根底に迫る(佐藤優)

第一章 宗教は資本主義を超えられるか
自殺志願者対策がテロ対策になる/出口のない憤りを回収する「過激派」/出世教、学歴教……、周囲は「宗教的なもの」ばかり/靖国問題。国家が追悼施設をつくるべきではない/沖縄における魂観/独身であることと権力/宗教は動物観とも関わっている/「本来の宗教」は存在するのか/資本主義的な論理を超えて/オウム事件が他人事ではない理由/宗教者とは、貧しき者、虐げられた者たちとある者だ etc.

第二章 宗教は人を殺す思想とどう対峙するか
暴力は定義できるか/そもそも宗教には暴力性が潜む/エキュメニカルvs.ファンダメンタル/テロリズムを止める論理はあるか/意識しない「ナショナリズム教」/多数が殺されないと内発的な和解は生じないのか/ロシアの宗教教育から学べること/「宗教的なもの」への耐性を身につける/仏教における「内側への暴力」とは/人びとへの感化を生む死/対話の力ーー「人間の隣には人間がいる」/縁起ということ etc.

第三章 宗教はAI社会で誰の心を救うのか
「シンギュラリティ」は人によって基準が違う/「順応の気構え」と「信頼」/AIに人が救われることはあるか/AIに代替される職業、されない職業/「矛盾」と「対立」と「差異」に違いがある/占いと科学の近似性/「心」は文化的な文脈と関係する/永遠に生きるというのはソンビの思想/愚行権を尊重しないとイノベーションも生まれない/リベラルアーツは重要である etc.

第四章 宗教は国家を超克するのか
『ホモ・デウス』はソビエト・システムの焼き直し/人が神になる、というベクトルが現れた/トランプ再選の可能性はかなりある/行き詰ったアイデンティティの政治/勢いを増すヴィーガニズム/反人間主義の登場/豆農家とサプリメント業界が儲かる/AfDとオーストリア自由党の越えられない一線/交響曲「歓喜の歌」から「運命」へ/カトリックが核廃絶に肯定的なのにはワケがある/バチカンと日本の外交関係/インドでは聖母マリアはバラモンになった/南米は宗教のスペクトルの幅が広い/プロテスタンティズムは世俗化しやすい/世俗化された宗教は神道のようなもの/宗教を聖域として残すのはかなり無理/せめぎ合う複数の普遍主義と個別主義/イスラエル建国は最強の形で目標を達成したテロ/イスラエルが福音派を好まない理由/バグダディが殺されてISがなくなるわけではない/底が抜けると文化と習俗の皮をかぶった宗教が勢いづく

あとがき(佐藤優)


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品