神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者

神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者

あやかしに盗まれた兄の魂「わたしが助けるから――」
著者: 椎名 蓮月
イラスト: 駒宮 十
定価: 704円(税込み)
発売日:2020年01月14日
 両親の海外赴任で、中学生の七尾(ななお)ちあきは獣医の兄とふたり暮らしを始めることになった。
 その住まいに謎の男たち・猫宮十九朗(ねこみやじゅうくろう)と常葉(ときわ)が訪れたとき異変が起こる。彼らの捜していた特別な札の封印が解けてしまったのだ。それは、十二のあやかしが宿る神獣札だった。
 あやかし達はちあきの兄の生命を盗み、街中に散ってしまう。死の危険が迫った兄に、十九朗は自らの命の半分を貸すと決断する。その代わり、ちあきが「札の仮初めの主」となり、あやかしと兄の魂を集めるように要求し――?
  • ISBN コード : 9784040735078
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●椎名 蓮月:3月生まれのO型。独特な和風ファンタジーの世界観と、人物たちの日常に寄り添うドラマ展開を描き出す、実力派作家。
代表作に『遠鳴堂あやかし事件帖』シリーズ、『九十九さん家のあやかし事情』シリーズ、『あやかし双子のお医者さん』シリーズ(富士見L文庫)など。
一作一もふを心がける。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品