暮らしの古典歳時記

暮らしの古典歳時記

生活に根ざした話題と鑑賞で、古典文学の楽しみ方が変わる!
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2020年06月19日
夕方に鳴くのは「からす」か「かえる」か? 「おにぎり」と「おむすび」はどちらが古い言い方? 蛍が登場する最古の古典は『日本書紀』!? イチョウは『万葉集』『枕草子』『源氏物語』にまったく出てこない……。旬の食べ物、花鳥風月、記念日や年中・伝統行事日々の暮らしにまつわる豊富な話題から、古典文学の楽しみ方を解き明かす! 日本文学の奥深さ・幅広さが堪能できる、目からウロコの教養が満載の古典文学案内。
  • ISBN コード : 9784047036932
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 216ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●吉海 直人:1953年、長崎県生まれ。國學院大學大学院修了。博士(文学)。現在、同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科教授。専門は平安時代の物語文学・和歌文学。「異本百人一首」の発見をはじめ、かるたや浮世絵などの関連資料を多数発掘・紹介している。

第一章 新・歳時記
第二章 記念日あれこれ
第三章 花鳥風月を楽しむ
第四章 生活の中の古典文学
第五章 京都文化


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品