佐渡金山

佐渡金山

世界遺産登録を目指す佐渡金銀山。草創期における金山の町の波瀾万丈の物語
定価: 2,200円(税込み)
発売日:2020年04月01日
開坑して400年。佐渡金山の女性事務員第1号として昭和初期から7年間勤務した著者が、金山の隆盛から凋落に向かう時期の人々の苦渋と哀歓を描く。世界遺産登録を目指す佐渡金銀山の歴史を凝縮した1冊。
  • ISBN コード : 9784048843492
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 280ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 21.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●田中 志津:たなかしづ。大正6年、新潟県小千谷生まれ。昭和41年に随筆日記『雑草の息吹き』がNHKよりドラマ化され放送。『信濃川』『遠い海鳴りの町』『冬吠え』などの小説のほか、『田中志津全作品集』など著作多数。日本文藝家協会会員。

数量

ほしいものリストに追加

同じ著者の別の作品を見る

最近チェックした商品