お江戸やすらぎ飯 芍薬役者

お江戸やすらぎ飯 芍薬役者

疲れた心と体を優しい料理で癒したい。大好評グルメ時代小説、待望の続編!
著者: 鷹井 伶
編集協力: 小説工房シェルパ
定価: 748円(税込み)
発売日:2020年08月25日
「料理で人を救いたい」
幼い頃に両親とはぐれ、吉原で育てられた佐保は、人に足りない栄養を見抜く才能を生かし医学館で勉学を続けていた。
ある日、芝居に誘われた佐保はそこで幼馴染みの颯太を見かけた。
颯太は芍薬の花のような美貌を持つ人気役者・夢之丞と昵懇の仲だが、その夢之丞が気鬱でふさいでいるという。
佐保は夢之丞を料理で癒やす大役を任される。
佐保が選んだ意外な食材とは?
大好評グルメ時代小説第2弾!
  • ISBN コード : 9784041095690
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●鷹井 伶:兵庫県神戸市出身。甲南大学文学部卒業。脚本家として、ドラマ・ドキュメンタリー構成等を多数執筆。2013年、鷹井怜名義で時代小説デビュー。著書に『郭同心雷平八郎』『暴れ宰相 徳川綱重』『犬同心、奔る!』『番付屋小平太』などがある。

第一話 映し鏡
第二話 春の邪気
第三話 芍薬役者
第四話 鬼の霍乱
第五話 炎の中で


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品