風土記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

風土記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

編: 橋本 雅之
1,012円(税込)
発売日2021年11月20日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006235
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

古代の情景が鮮やかによみがえる! 今までなかった『風土記』入門書

『古事記』や『日本書紀』が編纂されたのと同じころ、日本全国各地の動植物や土壌、地名の起源や伝承をまとめて報告するよう、官命が下された。この『風土記』を開いてみれば、鹿、白鳥、鮭、鮎、栗、槻、楢、杉などの動植物、川や山、池や湖などの自然に囲まれて生きた古代人の生活が鮮やかに記されている。現存する常陸国、播磨国、出雲国、豊後国、肥前国の五国風土記と「風土記逸文」を、現代語訳・原文・解説でダイジェスト。

著訳者プロフィール

●橋本 雅之:1957年、大阪府大阪市生まれ。皇學館大学現代日本社会学部教授。専門は国文学、神話学。著書に『風土記 日本人の感覚を読む』(角川選書)、『古風土記の研究』(和泉書院)、『風土記研究の最前線 風土記編纂発令1300年』(新人物往来社)、共著に『日本人の〈原罪〉』(北山修との共著、講談社現代新書)、共編著に『風土記 現代語訳付き』(角川ソフィア文庫)などがある。

目次

第一章 常陸国風土記
第二章 出雲国風土記
第三章 播磨国風土記
第四章 豊後国風土記
第五章 肥前国風土記
第六章 風土記逸文

解説 風土記 古代の里山
最近チェックした商品