怪と幽 vol.007 2021年5月

怪と幽 vol.007 2021年5月

お化け好きに贈るエンタテインメント・マガジン!
定価: 1,980円(税込み)
発売日:2021年04月27日
民話――昔話、伝説、世間話といった語り伝えられる物語は、いまも私たちの暮らしの中に息づいている。
明治から昭和にかけて、柳田國男をはじめとする民俗学者たちによって聴き集められた「話」は、一九七〇年代に興った民話ブームで大きな広がりを見せた。
全国の民衆から採集された「話」は、当時の記憶を残す一級資料として、その地に生活する人々の営みを真空保存している。
誰もが知る昔話「桃太郎」にも、様々なヴァージョンの類話が各地域に存在しており、そこには確実に語り手の体温が遺されている。
そして、ネット社会の現代でも「話」は、つねに変化を遂げながら脈を打ち、産声をあげ続けているのだ。
お化け好きをとりこにし続ける、愛おしき化け物のふるさと・民話の魅力を再発見しよう!
強力な連載陣もお見逃しなく!
シリーズ最終編「了巷説百物語」が、ついに始動!!
  • ISBN コード : 9784041096710
  • JAN コード : 4910624887610
  • サイズ : A5判 総ページ数: 412ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 24.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

●特集
LOVE 民話
【対談】京極夏彦×黒史郎 
【寄稿】飯倉義之、伊藤慎吾、徳田和夫、花部英雄、廣田龍平、間宮史子
【インタビュー】板倉俊之(インパルス) 
【再録】ざんねんな民話の世界

●小説 京極夏彦、有栖川有栖、山白朝子、恒川光太郎、澤村伊智
●漫画 諸星大二郎、高橋葉介、押切蓮介、波津彬子
●インタビュー/エッセイ 小松和彦、東雅夫、加門七海、村上健司&多田克己、荒俣宏
●グラビア 嘉村ギミ、芳賀日出男、佐藤健寿、新作能「アマビエ」、怪食巡礼
●怪談実話 我妻俊樹、中山市朗、春南灯
●お化け友の会ひろば 大倉流小鼓方・上田敦史、志村真幸、弘前乃怪、北陸怪談研究会、妖怪朗読家ゆうか 
etc……


販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品