在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策

在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策

生活不活発はリスクだらけ。東大発の最新!家でできる感染&要介護予防法
著: 飯島 勝矢
定価: 1,078円(税込み)
発売日:2020年08月20日
フレイルとは「要介護の前の虚弱状態」。しかし、ここで踏ん張れば、可逆的に自立した生活に戻れます。新型コロナによる外出自粛、人との接触制御という生活不活発によって
全国のシニアがフレイルの危機、同時に感染症リスクが高まっています。
飯島勝矢教授を中心に、東大が最新のすぐに家でできるフレイル対策をまとめて発信しており、
本書は、それをわかりやすく、実行しやすいようにまとめたもの。
シニアと、高齢の親をもつ世代に向けて緊急出版します。
(2018年刊行の「東大が調べてわかった 衰えない人の生活習慣」を大幅に加筆修正しました)
  • ISBN コード : 9784046049186
  • サイズ : B5判 総ページ数: 64ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 182 × 257 × 7.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●飯島 勝矢:東京大学高齢社会総合研究機構教授。医師、医学博士。東京慈恵会医科大学卒業後、千葉大学医学部附属病院循環器内科入局。亀田総合病院など3つの病院で研鑽を積み、東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座講師、米国スタンフォード大学循環器内科研究員等を経て、現職。内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員。フレイル(虚弱)予防のための大規模コホート研究およびシステム構築、在宅医療を基盤とする多職種連携推進を軸とする地域包括ケアシステム等を構築している。

1  withコロナ時代をフレイルを防ぎながら前向きに。
2 ふくらはぎで簡単にフレイル、サルコペニアをセルフチェック
3 今より10分多く体を動かすアイディア
4 小太りより痩せが危ない! 新型栄養失調にならない食べ方
5 老化は口から。舌、のど、口腔周りの筋肉を保つ方法
6 簡単デジタルライフでつながりを守る など



数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品