鉄道無常 内田百けんと宮脇俊三を読む

鉄道無常 内田百けんと宮脇俊三を読む

変わり続ける車窓風景に人生と日本を見た、 鉄道紀行界の巨星二人の軌道
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2021年05月28日
鉄道は楽しい。 そして、鉄道は哀しい。

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」内田百けん
「鉄道の『時刻表』にも、愛読者がいる」宮脇俊三

日本において鉄道紀行というジャンルを示した内田百けん。
「なんにも用事がない」のに百けんが汽車で大阪に行っていた頃、
普通の人にとって鉄道は、何かの用事を果たすために乗るものでした。
それから四半世紀後、異なるアプローチでそのジャンルを背負った宮脇俊三。
彼は、時刻表を小説のように愛読していたことを
『時刻表2万キロ』で告白しています。
鉄道や紀行文学の歴史とともに二人の足跡をたどる1冊です。

  • ISBN コード : 9784041109892
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●酒井 順子:1966年東京生まれ。高校在学中より、雑誌にコラムを執筆。大学卒業後、広告会社勤務を経て執筆業に専念。『負け犬の遠吠え』で第4回婦人公論文芸賞と第20回講談社エッセイ賞をダブル受賞。他に、『女子と鉄道』『下に見る人』『女流安房列車』『子の無い人生』『男尊女子』『家族終了』『平安ガールフレンズ』『ガラスの50代』『処女の道程』など著書多数。

▼目次
1 鉄道紀行誕生の背景は? 
2 生まれた時から「鉄」だった 
3 人生鉄路のスタート地点 
4 それぞれの新橋駅、それぞれの鉄道唱歌 
5 「鉄道は兵器だ!」の時代へ
6 東京大空襲を生き延びて 
7 敗戦の日の鉄道 
8 新たなスタート 
9 鉄道好きの観光嫌い 
10 御殿場線の運命 
11 抗い難いトンネルの魅力 
12 鉄道の音楽性 
13 酒という相棒 
14 女と鉄道 
15 誕生鉄と葬式鉄 
16 曾遊、その喜びと悲しみ
17 旅を書く・内田百けん編 
18 旅を書く・宮脇俊三編 
19 子供の心、大人の視線 
20 「時は変改す」 


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品