競馬の“言葉力”

競馬の“言葉力”

現在、過去、未来、各界の著名人の言葉で知る競馬の魅力と深淵
定価: 1,320円(税込み)
発売日:2020年12月22日
サラブレッドが誕生してから、およそ300年間に渡る「世界競馬史」のなかで紡がれてきた“言葉力”に溢れた名言、金言を紹介。併せて、その発言をした人物、時代背景なども分かりやすく、楽しく紹介、解説していく、機知に富んだ競馬を愛する人々への言葉のギフト。
☆「ダービー馬のオーナーになることは、一国の宰相となることより難しい」(ウィストン・チャーチル)
☆「競馬は人生の縮図であり、これほど内容の詰まった小説はほかにはない」(アーネスト・ヘミングウェイ)
☆「人にきいて取りたる二百円は、自分の鑑定にて取りたる五十円にも劣るべし」(菊池寛)
☆「競馬が人生の比喩なのではない、人生が競馬の比喩なのだ」(寺山修司)
☆「私の目的は、いかなる距離においても、最短タイムで最高重量を負担し得る競走馬を生産育成すること」(フェデリコ・テシオ)
☆「ひとつだけ法則がある。先祖に超一流の種牡馬がおり、その馬格をよく反映していたとしたら、その仔は必ずいい成績を残す」(吉田善哉)
☆「デットーリが乗ると5馬身伸びる」(吉田照哉)
☆「日本ダービーに出させて欲しい。枠順は大外でいい。ほかの馬の邪魔は一切しない。賞金もいらない、この馬(マルゼンスキー)の能力を確かめるだけでいい」(中野渡清一)
☆「選択するとか迷うとかそういう次元じゃなかった。問題なくシンボリルドルフ」(岡部幸雄)
☆「いつも少しだけ後のことを考えて乗っているんですよ」(武豊)
☆「先頭はエクリプス、後ろからは何にも来ない!」(海外)
☆「ミスターシービーからミスターサラブレッドに」(盛山毅)
☆「大地が、大地が弾んでミスターシービーだ!」(杉本清)
☆「河内の夢か!豊の意地か!どっちだー!!」(三宅正治)
etc.
  • ISBN コード : 9784047364752
  • サイズ : B6判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 182 × 14.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

【政治家・文化人編】
【生産者編】
【騎手編】
【レース実況編】 
【記録編】 



販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品