ちょっと神さまになってみました 死んで分かった、あの世の仕組み

ちょっと神さまになってみました 死んで分かった、あの世の仕組み

死後の世界から逆算で未来をつくる新しい夢のかなえ方
著者: 荒川 祐二
監修: 高橋 日董
定価: 1,430円(税込み)
発売日:2021年02月26日
★★★累計10万部の著者が送る空前の大ブーム必須の一冊! 死後の世界から逆算で未来をつくる「あたらしい夢の叶え方」★★★

死後の世界をリアルに解説した体験型で学べるはじめての一冊!!
監修に、大人気の長高寺の住職、高橋日董氏を迎え、仏教の世界を本格的に解説。

ある日、「死」に見舞われた著者は、あの世で神さまと出会い、あの世の仕組みを解説してもらう。あの世に逝ってはじめて、生前の回想が起こり、「ああすればよかった、こうすれば良かった」と後悔の念でいっぱいに。そして三途の川を渡り、鬼や閻魔さまたちに審判される中、生前のポイントシステムで天国か地獄行きが決まることにも驚き輪廻転生のシステムを学ぶ。その後、天国に連れていかれるが、その世界で起こっていたこととは。

死後の世界から、逆算して「人が生きる意味」や「ああ、やり切った、いい人生だったと思えるために今できること」を自らに問い直し、今日から考え人生を切り開いていく一冊です。

★天国に行くためにどんな行いをしたらいいの?
★神さまに愛される生き方とは?
★行き詰ったときに神さまに助けてもらう方法は?

【CONTENTS】
第一章 死後の世界をめぐる旅
第二章 ちょっと神さまになってみました
第三章 神さま見習いからのメッセージ

  • ISBN コード : 9784046051134
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●荒川 祐二:1986年3月25日生まれ。上智大学経済学部経営学科卒。大学時代に「自分を変えたい!」という思いで、毎朝6時から新宿駅東口の掃除をたった1人で始める。その活動は2008年、22歳の時に書籍にもなり、以来作家としての道を歩み始め、現在までに著書17冊、発行部数は累計10万部を突破している。2017 年3月から、古事記の物語や日本の神々の歴史をブログでコミカルに伝え続け、わずか半年で1日最高5万アクセス、月間アクセス100万を突破する。また古事著書に『ていうか、神さまってなに?』(KADOKAWA)他多数。
●高橋 日董:1981年8月7日生まれ。京都産業大学経済学部経済学科卒。大阪にある妙唱寺のお寺の次男として生まれる。2006年に、結婚と同時に岐阜県多治見市に移り、長高寺の副住職に着任。世界三大荒行の一つと称される日蓮宗大荒行堂で、三度、修行を敢行。2020年に長高寺の住職に着任。檀家ゼロからの厳しい始まりでありながら、神仏に隔たりを設けず、「今生きている人を幸せに」というコンセプトを持ち、わかりやすく、楽しくを心がけ徐々に信者を増やし、今では全国から参拝者が訪れる。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品