忠臣蔵入門 映像で読み解く物語の魅力

忠臣蔵入門 映像で読み解く物語の魅力

廃れてしまってはあまりに惜しい! 愛され続ける「庶民の娯楽」を大解剖
定価: 990円(税込み)
発売日:2021年12月10日
浄瑠璃や歌舞伎にはじまり、1910年の映画化以降、何度も何度も作られ続ける『忠臣蔵』。実は時代によってその描かれかたは変化している。忠臣蔵の歴史を読み解けば、日本映像の歴史と、作品に投影された世相が見えてくる。物語の見所、監督、俳優、名作ほか、これ一冊で『忠臣蔵』のすべてがわかる!

【目次】
はじめに
第一章 「忠臣蔵」概論
 A 6つの見せ場/B 三大キャラクター/C 愛された理由/D 作り手側の事情
第二章 忠臣蔵は世につれ
 1 江戸時代=庶民たちの反逆
 2 国家のために利用される「忠君」
 3 「義士」から「浪士」へ〜『赤穂浪士』
 4 GHQの禁令と戦後の「忠臣蔵」〜『赤穂城』
 5 東映の「赤穂浪士」
 6 大河ドラマ『赤穂浪士』
 7 悪役を主役に!〜『元禄太平記』
 8 悩める大石〜『峠の群像』
 9 ドロドロの人間模様〜『元禄繚乱』
 10 TBSの三作
 11 「決算! 忠臣蔵」
第三章 キャラクター名鑑
 A 四十七士/B 脱落者/C スターのための脇役/D 吉良方のスターたち/E 女性たち
第四章 オールスター忠臣蔵の系譜
 A 戦前編/B 東映の三作/C 松竹、大映、東宝の動向/D その後の二本/E テレビの動向
第五章 外伝の魅力
 A 外伝名作五選/B 後日談
おわりに
参考文献
索引
  • ISBN コード : 9784040824055
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●春日 太一:1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。日本大学大学院博士後期課程修了。著書に『天才勝新太郎』(文春新書)、『時代劇は死なず! 完全版 京都太秦の「職人」たち』(河出文庫)、『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』(文春文庫)、『すべての道は役者に通ず』(小学館)など多数。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品