埴輪 古代の証言者たち

NEW

埴輪 古代の証言者たち

著: 若狭 徹
1,364円(税込)
発売日2022年09月21日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006495
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

埴輪は何のために作られた? フルカラー図版100点超掲載。

古墳時代は、350年にわたり、列島中に巨大前方後円墳が築かれた特異な時代。古墳を飾る埴輪は古墳のシンボル性をより強調した。古墳時代の王(首長)は、尊敬された存在で、埴輪はその王の治世を死後の古墳に表し、共同体の人々の心を安定させるための道具でもあった。埴輪から王の生きた時代を読み解き、古墳時代という国家が作られる前の日本社会の特質を描き出しつつ、古墳人の心にもる。

著訳者プロフィール

●若狭 徹:1962年生まれ。群馬県出身。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。高崎市教育委員会教育部文化財保護課長を経て明治大学文学部准教授。博士(史学)。古墳時代を中心とする考古学を専攻。濱田青陵賞・藤森栄一賞を受賞。主著に『もっと知りたいはにわの世界 古代社会からのメッセージ』(東京美術)、『ビジュアル版 古墳時代ガイドブック』(新泉社・シリーズ「遺跡を学ぶ」 別冊)、『東国から読み解く古墳時代』『前方後円墳と東国社会』(吉川弘文館)など。

目次

グラビア/序 カワイイのその先へ/1章 笑う埴輪は笑っていない/2章 古墳のシンボリズムと埴輪/3章 神まつる王と巫女/4章 王の力量/5章 狩りの呪力/6章 死後の王宮/7.埴輪からみる古墳時代の王と社会/参考文献:訪ねたい遺跡・博物館
最近チェックした商品