増補 日本古代文学入門

増補 日本古代文学入門

読みやすくて面白い、最高にスリリングな古典案内!
著: 三浦 佑之
定価: 1,364円(税込み)
発売日:2021年09月18日
現代の病根は、7、8世紀に萌芽した? 死への恐れ、衰えない肉体へのあこがれ、純愛やスキャンダル、殺人鬼の出現や親子の断絶……現代でも起こる出来事が『古事記』『万葉集』など約1300年前の古代文学に描かれている。国家の動きや権力の移動ではなく、ふつうの人びとが何を考えどう暮らしていたかを読み解く。

【目次】
はじめに
第1章 異界を旅する
 一、死と生の起源−イザナキとイザナミ
 二、不老不死を求めて−タヂマモリ
 三、永遠の命を棄てた男−浦島子
 四、地獄に行った欲張り−田中真人広虫女
 五、旅をしなかった男−くらもちの皇子
第2章 女と男/男と女
 一、桜の女神と岩石の姉−呪詛する父
 二、返されるマトノヒメ−入水する女
 三、娘を認知した天皇−他人のそら似
 四、松に変身したふたり−恥じる恋
 五、蛇に見そめられた女−愛欲の果てに
第3章 エロ・グロ・ナンセンス
 一、殉死はなかったか−埴輪の起源
 二、天皇の秘かな楽しみ−殺人の快楽
 三、大きな神と小さな神−くさい話
 四、鬼に喰われた子どもと娘−笑われる親
 五、修行僧に感応した吉祥天女−不浄の染み
第4章 スクープされた事件
 一、盲目の少年と潔い男−滅びの美学
 二、天と赤兄と知る−有間皇子の謀反
 三、継母に殺された継子−大津皇子事件
 四、額田王をめぐる二人の男−皇室スキャンダル
 五、道鏡の一物−女帝の恋
第5章 揺らぐ列島、疲弊する人びと
 一、記憶される災厄
 二、天武朝の非常事態−地震に魅入られる
 三、流行病の発生
 四、国家中枢の壊滅−蔓延する「もがさ」
 五、貧困と逃亡−救いとしての山上憶良
終章 苦悩する時代の物語
あとがき
日本列島古代年表
  • ISBN コード : 9784044006532
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 480ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 17.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●三浦 佑之:1946年三重県生まれ。立正大学教授。2003年に刊行された『口語訳古事記』(文藝春秋社 角川財団学芸賞)がベストセラーになり古典の現代語訳のブームを引き起こす。著書に『古事記を旅する』『古事記講義』(文藝春秋社)、『日本古代文学入門』(幻冬舎)など多数。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品