十津川警部、廃線に立つ

十津川警部、廃線に立つ

失われた鉄道路線に思いを馳せる廃線アンソロジー
定価: 990円(税込み)
発売日:2021年03月30日
いまは廃線となった鉄道を舞台に十津川警部が挑んだ難事件。在りし日の鉄道路線へのノスタルジーをかきたてる短篇傑作選。
十津川の大学時代からの友人・岡部は妻と九州一周旅行に出かけたが、現地の警察署から妻を殺害した容疑で岡部を逮捕したと連絡が入る。別の旧友二人が高千穂に飛んで事情を探るが、十津川が東京で捜査中だった殺人事件との関連が浮上して……(「神話の国の殺人」高千穂線)。他に「EF63形機関車の証言」(信越本線横川・軽井沢間)、「青函連絡船から消えた」(青函連絡船)、「北の廃駅で死んだ女」(天北線)の計4篇を収録。

  • ISBN コード : 9784041112533
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 106 × 173 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●西村 京太郎:1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「神話の国の殺人」
「EF63形機関車の証言」
「青函連絡船から消えた」
「北の廃駅で死んだ女」


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品