Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり

Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり

言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。
著者: 古宮 九時
イラスト: 森沢 晴行
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2021年07月16日
 キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用の言語教材を作成する仕事についた雫。エリクと協力して引き続き日本帰還の手立てを探り続けていたが、その鍵となるはずの外部者の呪具、秘された歴史を記した本の一冊が予想外な場所から見つかることに。
 一方、もう一冊の呪具を保持する邪悪な魔法士アヴィエラは、突如として大陸全土に向けて宣戦布告する。

「私の名はアヴィエラ。七番目の魔女。時代の終わりと始まりでお前を待っている」

 決戦の地は、禁呪によって異界化した亡国ヘルギニス跡地。ファルサス王ラルス率いる連合軍が結成され、呪具の片割れを所持する雫も否応なく戦いに巻き込まれていく。

 神話の時代に遡る言語の由来、子供達が言葉を失う流行病、この世界を観測する外部者の存在、そして現代日本からやってきた雫が言葉を解する意味。その全ての謎が一点に収束して明かされていく。長い長い旅の果てに、少女が知る真実とは――。

 言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。
  • ISBN コード : 9784049138276
  • サイズ : B6判 総ページ数: 484ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 182 × 29.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●古宮 九時:第20回電撃小説大賞、最終選考作『監獄学校にて門番を』(電撃文庫刊)にてデビュー。メディアワークス文庫『死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録』など。
●森沢 晴行:イラストレーター。代表作に『とある飛空士シリーズ』(ガガガ文庫)、『英雄教室』(ダッシュエックス文庫)など。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品