彼女が好きなものはホモであって僕ではない 再会

彼女が好きなものはホモであって僕ではない 再会

そして、わたしと彼は理想の居場所を見つけた――「カノホモ」待望の続編!
著者: 浅原 ナオト
装画: 新井 陽次郎
定価: 836円(税込み)
発売日:2021年11月20日
BL好き女子・三浦紗枝との偽りの恋愛を終わらせ、大阪に転校した同性愛者の少年・安藤純は、クラスメイトの前でゲイであることをいきなりカミングアウトした。自らもゲイである五十嵐明良は、そんな純に苛立ちを覚える。一方、BLを楽しめなくなったことに悩む紗枝は、以前から仲の良かった高岡亮平から告白されるも返事に逡巡し、いまだ純への想いを消化できていない自分に気づく。やがて紗枝は大阪へ向かい、二人は再会するが……。同性愛の少年と腐女子のその後の物語。ミスター・ファーレンハイトの壮絶な過去を描く番外編も収録。

  • ISBN コード : 9784040742458
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 416ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 15.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●浅原 ナオト:小説投稿サイト「カクヨム」に2016年10月より『彼女が好きなのはホモであって僕ではない』を投稿開始。2018年同作で書籍デビュー。同作は2019年に『腐女子、うっかりゲイに告る。』のタイトルでドラマ化され、話題となる。他著作に『御徒町カグヤナイツ』(KADOKAWA)、『今夜、もし僕が死ななければ』(新潮社)、『#塚森祐太がログアウトしたら』(幻冬舎)などがある。
●新井 陽次郎:2008年にスタジオジブリ入社。2012年にスタジオコロリドへ。2015年アニメ『台風のノルダ』で劇場監督デビュー。映画「ペンギン・ハイウェイ」キャラデザ担当。

Track1 :Is This the World We Created…? /Interlude #1 :九重直哉の憂鬱/Track2 :Fat Bottomed Girls/Interlude #2 :佐々木誠の逡巡/Track3 :We Are The Champions/Interlude #3 :小野雄介の成長/Bonus Track:Too Much Love Will Kill You/Postlude:細川真尋の後悔


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品