座敷童子の代理人9

座敷童子の代理人9

シリーズ最大級の災難が降りかかる大人気ほっこりあやかし譚、第9巻!!
定価: 781円(税込み)
発売日:2021年11月25日
 たわわと実る稲穂が色づく豊穣の秋。遠野の老舗旅館「迷家荘」の番頭・司貴は、なんの前触れもなく交通事故に巻き込まれてしまう――。
 最愛の人が昏睡状態に陥り、和紗たちが悲嘆に暮れる中、 とある場所で赤い着物に身をつつんだ「少年」が目を覚ます。そこは太古の妖怪・牛鬼が統治する土蜘蛛たちの里だった!
 里の支配権を巡る騒動の為に大奔走する少年。一方で、陰陽師・久我凪人は女子高生失踪事件で遠野を訪れて……。失踪と捜索のシリーズ第9巻!

 【目次】
 プロローグ
 第一話 神隠しの里
 第二話 安倍晴明の代理人
 第三話 石が流れて木の葉は沈み、牛は嘶き馬は吼え
 エピローグ
  • ISBN コード : 9784049140071
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 386ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●仁科 裕貴:広島県在住の作家。第19回電撃小説大賞応募を経てデビュー。代表作に『座敷童子の代理人』シリーズ、『
後宮の夜叉姫』シリーズ、実写映画化もした『初恋ロスタイム』など多数。

プロローグ
第一話 神隠しの里
第二話 安倍晴明の代理人
第三話 石が流れて木の葉は沈み、牛は嘶き馬は吼え
エピローグ


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品