偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

この”おまわりさん”からは逃げられない。日本推理作家協会賞受賞作!
著者: 降田 天
定価: 704円(税込み)
発売日:2021年09月18日
老老詐欺グループを仕切っていた光代は、メンバーに金を持ち逃げされたうえ、『黙っていてほしければ、一千万円を用意しろ』と書かれた脅迫状を受け取る。要求額を用立てるために危険な橋を渡った帰り道、へらへらした警察官に声をかけられ――。第71回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した表題作「偽りの春」をはじめ、“落としの狩野”と呼ばれた元刑事の狩野雷太が5人の容疑者と対峙する、心を揺さぶるミステリ短編集。
  • ISBN コード : 9784041118764
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●降田 天:執筆担当の鮎川颯(あゆかわ・そう)とプロット担当の萩野瑛(はぎの・えい)による作家ユニット。少女小説作家として活躍後、『女王はかえらない』で第13回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、降田天名義でのデビューを果たす。2018年、「偽りの春」(本書所収)で第71回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。他の著作に『彼女はもどらない』『すみれ屋敷の罪人』『ネメシス4』がある。

鎖された赤
偽りの春
名前のない薔薇
見知らぬ親友
サロメの遺言

解説:香山二三郎


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品