深夜0時の司書見習い

NEW

深夜0時の司書見習い

748円(税込)
発売日2022年04月22日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049140576
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

不思議な図書館で綴られる、本と人の絆を繋ぐビブリオファンタジー。

 高校生の美原アンが夏休みにホームステイすることになったのは、札幌の郊外に佇む私設図書館、通称「図書屋敷」。不愛想な館主・セージに告げられたルールを破り、アンは真夜中の図書館に迷い込んでしまう。そこは荒廃した裏の世界――“物語の幻影”が彷徨する「図書迷宮」だった!
 迷宮の司書を務めることになったアンは「図書館の本を多くの人間に読ませ、迷宮を復興する」よう命じられて……!?
 美しい自然に囲まれた古屋敷で、自信のない少女の“物語”が色づき始める――。

〜本への愛に満ちた《本好きへ贈る物語》に、業界から絶賛の声続出!〜
◆「この本の扉を開けると迷宮の扉が見えます。進んで下さい。無限に想像力が開放されていくでしょう」
――佐竹美保氏/挿絵画家(福音館書店『魔女の宅急便』3〜6巻、徳間書店『魔法使いハウルと火の悪魔』 ほか)
◆「後半、いきなり、この展開はすごい。反則なみにすごいのに、これをこんなに見事に締めくくるなんて、すごすぎます。あと、こんな本に、こんなおとなしいタイトルを付けるのは反則でしょう」
――金原瑞人氏/翻訳家
◆「物語の持つ力が人々の心を解きほぐす、強くて優しい願いに満ちた物語です。図書屋敷にも図書迷宮にも行ってみたい!」
――三上延氏/小説家(メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』著者)

著訳者プロフィール

●近江 泉美:メディアワークス文庫『オーダーは探偵に』シリーズ著者

目次

プロローグ
一冊目 『荘子 第一冊 内篇』荘子
二冊目 『クローディアの秘密』 E・L・カニグズバーグ
三冊目 『シャーロック・ホームズの冒険』コナン・ドイル
四冊目 『おおきなかぶ』 A・トルストイ再話
エピローグ
最近チェックした商品