音読したい 偉人たちの最期のことば

音読したい 偉人たちの最期のことば

著: 齋藤 孝
1,650円(税込)
発売日2022年03月01日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046055996
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

音読したい 偉人たちの最期のことば

人生の最期に残したことば(辞世の句、遺言状など)には、強く心に訴えかける名文や美しいことばがたくさん散りばめられています。
しかし、いまの日本では「死」を隠しがちな傾向にあるためでしょうか、あまり注目されることはありません。
人生を謳歌した者、志半ばで倒れてしまった者、どのような局面で死を迎えるにせよ、最期のことばには、その人の生き方が表われています。
それらは声に出して読んでみると、新たな輝きを持って、私たちの心に響いてきます。
大きな社会変化が起きているいま、日々「生」に悩んでいたり苦しんでいたりする私たちに、感動や希望、勇気を与えてくれるものも少なくありません。
そんな最期のことばを、平安時代から平成の時代まで幅広く30編集めました。
どこから読んでも大丈夫ですので、気になるページを開いてみてください。
そして、ぜひ声に出して読んでみてください。
本書に紡がれた珠玉のことばが、あなたの今日や未来への生きる糧となれば幸甚です。(著者まえがきより)

著訳者プロフィール

●齋藤 孝:1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション技法。著書に、『音読でたのしむ思い出の童謡・唱歌 令和に伝えたい心に響く歌101』『大人の語彙力大全』『大人の語彙力「言いまわし」大全』『だれでも書ける最高の読書感想文』『三色ボールペンで読む日本語』『語彙力こそが教養である』(以上、KADOKAWA)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)など多数。

目次

第1章 大切な人を思って
第2章 人生とははかないもの
第3章 とらわれない心のままに
第4章 強い意志と誇りを持ち続けて
第5章 日々を大切にしながら
第6章 あきらめず情熱を持ち続ける
第7章 達観し心の静けさを大切に
第8章 粋な気持ちを持って
第9章 信じることを胸に
第10章 残された者へ託す思い

夏目漱石 岡倉天心 竹久夢二
在原業平 豊臣秀吉 正岡子規
原 敬 寺山修司 歌川広重 白洲次郎
森 鴎外 佐久間 勉 山本五十六 近松門左衛門
宮沢賢治 黒田孝高
一休宗純 与謝蕪村 松尾芭蕉
千 利休 太田道灌 日野資朝 美空ひばり
上杉謙信 高杉晋作
北条氏綱 鳥居元忠
吉田松陰 北 一輝 武田信玄
最近チェックした商品