きみは雪をみることができない

きみは雪をみることができない

737円(税込)
発売日2022年02月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049142341
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 336ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

恋に落ちた先輩は、冬眠する女性だった。この冬一番泣ける、奇跡の恋物語。

『今夜、世界からこの恋が消えても』『君は月夜に光り輝く』を輩出した新人賞
第28回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作
新時代の恋愛小説

名前のない病を患った彼女との、すれ違う恋の物語
ある夏の夜、文学部一年の埋夏樹は、芸術学部に通う岩戸優紀と出会い恋に落ちる。いくつもの夜を共にする二人。だが彼女は「きみには幸せになってほしい。早くかわいい彼女ができるといいなぁ」と言い残し彼の前から姿を消す。
もう一度会いたくて何とかして優紀の実家を訪れるが、そこで彼女が「冬眠する病」に冒されていることを知り――。

現代版「眠り姫」が投げかける、人と違うことによる生き難さと、大切な人に会えない切なさ。冬を無くした彼女の秘密と恋の奇跡を描く感動作。
会うこともままならないこの世界で生まれた、恋の奇跡。

≪登場人物紹介≫
埋 夏樹:都内の大学に通う文学部一年生。小説を書いているが、そのことに自信を持てないでいる。映像サークルの新歓の席に耐えられず逃げた時に優紀と親しくなる。

岩戸優紀:夏樹と同じ大学に通う芸術学部二年生。ある理由のため、冬の期間だけ大学から姿を消す。交際歴が多く、何かと噂の的になっている。辛い食べ物に目がない。

著訳者プロフィール

●人間 六度:愛知県名古屋市生まれ、私立東海高校卒。13年に急性リンパ性白血病を罹患し、14年にさい帯血移植。18年日本大学芸術学部に進学、21年現在在学中。2021年8月に第9回ハヤカワSFコンテストで大賞を『スター・シェイカー』で、10月に第28回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞を『きみは雪を見ることができない』で立て続けに受賞し、作家デビューを叶える。

目次

プロローグ
一章 ずっと夏だったらいいのに
二章 夜のコンビニ
三章 ひかり 599 11:32 新大阪行き
終章 きみは雪をみることができない
最近チェックした商品