龍に恋う 五 贄の乙女の幸福な身の上

out_of_stock

龍に恋う 五 贄の乙女の幸福な身の上

イラスト: ゆきさめ
726円(税込)
発売日2023年03月15日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040744186
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

少女と青年に試練が訪れる――「珠、今の俺は、怖いだろう?」

●〇●人気シリーズ・試練の第五巻!●〇●

 御堂からの依頼で、特異事案対策部隊の駐屯所に住み込みで派遣された珠。口入れ屋・銀古での経験を生かし、妖怪とも協力して部隊を支える。銀市と離れて暮らすことに寂しさを感じつつも、手紙を通して素直な気持ちを伝え合った珠は、彼の過去を垣間見る。
 一方の銀市は意図せず増大する自らの力と静かに戦っていた。久しぶりに会った銀市の様子を不安に思う珠。部隊の協力者・アダムからは、「妖怪も人も信じすぎてはいけない」と忠告される。そんな折、連続不審火の重要参考人として銀市が拘束されてしまい――。

著訳者プロフィール

●道草 家守:2013年からWEBで小説投稿を開始し、2015年に作家デビュー。
以来、『帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者』(ことのは文庫)ほか著作多数。
本作は、富士見ノベル大賞にて審査員特別賞を受賞した『明治乙女のお勤め妖異譚』を改題・改稿のうえ上梓したものである。

目次

目次
序章 初冬乙女と祭り
一章 住み込み乙女と軍人の友情
二章 受講乙女のフォークロア
三章 軍人の願いと決意乙女
四章 舞乙女と定めの黄昏
終章 乙女の、一歩
あとがき
最近チェックした商品