100年後にはみんな死んでるから気にしないことにした

NEW

100年後にはみんな死んでるから気にしないことにした

1,430円(税込)
発売日2022年07月01日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784048974240
  • サイズ : A5判 変形 総ページ数: 128ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 136 × 210 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

Twitterで180万いいね! なおにゃんの自伝的イラストエッセイ

小さなことが気になって傷つく。生きづらいし、コミュニケーションがうまくはかれない。
そんな人が、それでもいいんだ、それが自分なんだ、と思えるHSP著者による自伝的イラストエッセイ。

Twitterでかわいらしい低空飛行ウサギのイラストと、リアルな心情をエピソードがわかる言葉で綴っているなおにゃんさん。子供のころから、自己肯定感低めで、いろいろなことが気になって辛かったそう。
そんな彼女の辛かった体験を、彼女はどう思ってどう乗り切ってきたのか(または辛い思い出のままのことも)を素直な言葉で綴られています。
HSP気質までいかずとも、人付き合いが苦手だったり、自己肯定感低めな人の誰しもが、心当たりあるエピソードがいっぱい。私だけじゃないんだ、と心が救われる本です。

著訳者プロフィール

●なおにゃん:茨城県生まれ。北海道大学文学部卒業後、出版社に就職。絵本の編集に携わるが、職場環境に合わず、鬱と診断され、休職。退職後はフリーランスの絵本作家として活躍。2020年よりTwitterでうつ病や生きづらさに関する投稿をはじめたところ反響を呼ぶ。
https://twitter.com/naonyan_naonyan

目次

第1章 小・中学生時代
第2章 高校・大学生時代
第3章 社会人になって
第4章 敏感すぎて、いつもしんどい
第5章 HSP気質でよかったかもしれない
最近チェックした商品