目が覚めると百年後の後宮でした 後宮侍女紅玉 1

目が覚めると百年後の後宮でした 後宮侍女紅玉 1

漫画: 糺ノ森 たゆた
原作: 藍川 竜樹
キャラクター原案: 新井 テル子
748円(税込)
発売日2023年09月14日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046817761
  • サイズ : B6判 総ページ数: 172ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 182 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

虐めあり、陰謀あり、呪いあり、鍋会あり、淡い恋あり!?

虐めあり、陰謀あり、呪いあり、鍋会あり、淡い恋あり☆
呪いによって百年の眠りについた後宮侍女・林杏が目覚めたのは、許婚にそっくりの美形男子の腕の中!?
紅玉と名を変え、百年続く後宮内の陰謀に戦いを挑む!

著訳者プロフィール

●糺ノ森 たゆた:漫画家。サビ猫しぐれさんの下僕。
著作に『はしもとみお彫刻日誌』原案:はしもとみお(少年画報社)など。
●藍川 竜樹:兵庫県出身、1月11日生まれ。2011年度ロマン大賞を受賞した「ひみつの陰陽師」で作家デビュー。『ひみつの陰陽師』シリーズ、『覆面竜女』シリーズ(コバルト文庫)など著書多数。近刊に『女王ジェーン・グレイは九度死ぬ〜時戻りを繰り返す少女と騎士の物語〜』(二見サラ文庫)、『』孤高の花姫は麗しの伯爵様と離縁したい 魔物の子育て要員として娶られました』 (一迅社文庫アイリス)などがある。
最近チェックした商品