タラニス 死の神の湿った森

NEW

タラニス 死の神の湿った森

著者: 内藤 了
1,980円(税込)
発売日2022年09月16日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041130162
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 296ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 23.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

少年は、真実を知り大人になる。死の神屋敷に隠された悲しき少女の過去と謎

ドラマ化もされた「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ、「東京駅おもてうら交番・堀北恵平」シリーズで人気の内藤了。
初の単行本はあの男の少年時代を描く「お屋敷」ホラー&ミステリ!

 イギリス・ウェールズで少年ジョージが暮らす「タラニス屋敷」。「タラニス」とは「死の神」を意味するケルトの神だ。
 夜遅く目覚めたジョージは家政婦のミツコに物語をねだる。彼女が、秘密の話ですよと「ゲッシュ」(ケルトの魔法の取り決め)を交わしながら語ったのは、屋敷に伝わる、メリッサという少女の物語だった。メリッサは、子どもを食べる死の神に生きたままかまどで燃やされたという。そのかまどがお屋敷の廃墟部分『死者の間』にある、近づいてはいけない――。けれども、一緒に話を聞いた兄のアルフレッドは、今度マムと戻ってくる赤ちゃんへの贈り物を探しに『死者の間』に行こうと言い出し……。
 廃墟の秘密の扉を開けてしまったことで、夜な夜な現れるようになったメリッサの亡霊。そこに隠された真実と、ツェルニーン家の秘密とは。
 やがて法医昆虫学者として日本を訪れることになる、ジョージ・クリストファー・ツェルニーン。
 彼の少年時代に秘められた悲しく凄絶な物語。


装画=目黒ミロ

著訳者プロフィール

●内藤 了:2月20日生まれ。長野市出身、在住。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年、日本ホラー小説大賞読者賞受賞作『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』でデビュー。著書に、『ON』につづく「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズのほか、「東京駅おもてうら交番・堀北恵平」「よろず建物因縁帳」「夢探偵フロイト」「憑依作家 雨宮縁」「警視庁異能処理班ミカヅチ」各シリーズ、『ゴールデン・ブラッド』など。『きっと、夢に見る 競作集〈怪談実話系〉』『てのひら怪談 こっちへおいで』にも参加している。

目次

プロローグ
第一章 メリッサの亡霊
第二章 死者の間と銀のスプーン
第三章 メリッサの凶行
第四章 死の神の城
第五章 森の王
第六章 ロンドンから来た記者
第七章 秘密の小箱
エピローグ
最近チェックした商品