後宮妃の管理人 八 〜寵臣夫婦は死力を尽くす〜

out_of_stock

後宮妃の管理人 八 〜寵臣夫婦は死力を尽くす〜

イラスト: Izumi
704円(税込)
発売日2023年06月15日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040748061
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

黎暉大国と杏津帝国。緊張状態の両国に挟まれた寵臣夫婦を待ち受けるのは?

 黎暉大国の冬の朝。宮廷に呼び出された優蘭たち寵臣夫婦は、二つの重大事案に直面した。一つは杏津帝国皇弟の娘・魅音の亡命希望。もう一つは後宮妃の藍珠から、同皇弟の愛妾・神美が両国を滅ぼす計画を持つと情報を得たこと。問題はそれらの信憑性だった。
 優蘭は藍珠を信じ、唯一の手がかりである指輪の紋章について調べるため、紋章学に詳しい皓月の友人を訪ねて一路、珠麻王国へ。ところがそこは、優蘭を遥かに凌ぐ大商人たちが牛耳る国で!?
 緊張状態の大国の裏で蠢く策動。寵臣夫婦を待ち受けるのは……?

目次

   目次

 序章 寵臣夫婦、呼び出される
 第一章 妻、やらかし落ち込む
 第二章 寵臣夫婦、国境にて情報を集める 
 第三章 寵臣夫婦、隣国の旧友と相対する
 間章一 双子の妹、跳び回る
 第四章 夫、勝負を仕掛ける
 第五章 夫、杏津帝国へ旅立つ
 間章二 とある悪女の執念
 終章 妻、言葉を失う

   あとがき
最近チェックした商品